読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

qualiadiversity’s diary

ダイバーシティ&インクルージョンな日々を楽しむヒントや情報を発信しています。

アニータ!

シアトルから戻ってきました。

今回のシステムシンキングのタイトルは
「Now More Than Ever: Critical Skills for Courageous Organization」

なんと訳せばいいのでしょうか。勇気ある組織のための重要なスキル?
(なんか。そのまんま・・笑)


昨年のボストンに比べ参加者がぐっと少なくなったような。香取さんによると全体は600名弱で、米国以外は日本の30名弱が一番多い参加だとか。気になるのはビジネス・企業からの参加がとても少なく、教育・医療関係者が目立っていました。
不況の影響か、システムシンキングそのものへの関心が薄くなったのか・?
とはいえ、こじんまりとした会議の良さでセッションはどれも面白いものが多く、昨年以上に参加者同士のインタラクティブなやりとりは増えたようです。

セッションの様子などは、近々クオリアHPでご紹介しますのでお楽しみに。

私の最大の収穫は、ワールドカフェの創始者、アニータブラウンと親しく話ができたこと。
彼女は日本でワールドカフェが急速に広まっていることに感激しているようで、言葉を詰まらせながら喜びを表してくれました。
ワールドカフェはとてもシンプルな仕掛けで、だれがやってもうまくいくような気がしますが、アニータをみていると、場に与える安心感や信頼は、ファシリテーターのプレゼンスにかかっていると思わずにはいられません。

来年はぜひアニータを日本によんで、大規模ワールドカフェを実施するぞ!と
心に誓いました。