qualiadiversity’s diary

ダイバーシティ&インクルージョンな日々を楽しむヒントや情報を発信しています。

よい思考はよい姿勢から生まれる

なにげなくTVをつけたら、石川遼選手のインタビューが流れていた。
あこがれのタイガーウッズと一緒にラウンドを回ったことに触れ、ウッズに見習うことは沢山あるけれど、姿勢の大事さを学んだといっていた。

「彼は常に視線を少し上に向け、背筋をピンとして歩くんですよね。これは真似したいと思いました。よい思考・考え方はよい姿勢から生まれると思うんです」

思わず「そうなのよね!」とつぶやいてしまった。

遙か昔、新入社員だった頃。いつも背筋をピンとのばし、歩く姿勢のすばらしい先輩女性がいた。まだ、今ほど女性が活躍することができなかった時代。彼女はとても自然体で上司や周囲から信頼と人望を集めていた。
部署が違ったので、あまり話をする機会はなかったが、そのとき以来、「姿勢をピンとのばし凛として立つ」というのを意識するようになった。

疲れているときや落ち込んでいる時ほど、斜め15度上を見上げながら背筋を伸ばして歩く.
たった15度角度が違うだけで、今まで見えなかった景色が見えてくる。
そうすると、なんだかやる気がわいてきて、またがんばろうと思えるから不思議・

まっすぐ前を向いて歩いていこうと意識するだけで、前向きな気持ちになる。

心と体はつながっているんだな、とつくづく思う