読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

qualiadiversity’s diary

ダイバーシティ&インクルージョンな日々を楽しむヒントや情報を発信しています。

モンゲラさんがチリにやってくる!

ダイバーシティマネジメント

今年も5月10日から1週間ほどグローバルサミットオブウィメン(GSW)に参加してきます。http://www.globewomen.org/summit/Summit.htm

今年で19回目となるGSWは、南米チリで開催されます。毎年世界各都市持ち回りで昨年はベトナムでした。チリの大統領はミチェル・バチェレ・ヘリアという女性。南米初の女性大統領なのだそうです。

実は義弟がエクアドル在住(あちらで結婚してすでに在住25年です)なので、南米には親近感があるのですが、実際行くとなるとかなり遠い!です。
でも世界100カ国の女性が1000人近く集まる国際会議はそうはありません。毎年、多くの刺激をもらうこの会議に参加しないわけにはいきません。
それになんといっても、今回は、1995年に北京で開催された第4回世界女性会議の事務局長を務めたガートルード・モンゲラさんがスピーカーとして参加されるのです。

モンゲラさんは、34年間にわたってアフリカ大陸の女性の地位向上のために活動してきた偉大なる女性。北京会議でも力強いメッセージとともに女性のエンパワーメントの重要性を語ったのが印象的でした。

そのときに初めてエンパワーメントという言葉を知りました。
エンパワーメントとは、ビジネスの世界ではよく「権限委譲」などと訳されますが、
北京会議では、「女性たち自身が力をつけ、連帯して行動することによって、自分たちのおかれた不利な状況を変えていこうとする考え方」として紹介されました。
女性の持つ潜在的なパワーを引き出し、自ら主体的に行動できるように支援すること。
それがエンパワーメントなのです。
それ以来、自らをエンパワーメントし、女性をエンパワーメントすることが私の使命の一つに加わりました。

あれから14年。女性を取り巻く環境はどう変わったのでしょうか。よくなった面もあればますます厳しくなった面もあるようです。
それでも、あのときから確実に世界は変わってきていると感じています。
モンゲラさんの力強く暖かい人柄にまた触れる機会があるとは。今から楽しみです。