qualiadiversity’s diary

ダイバーシティ&インクルージョンな日々を楽しむヒントや情報を発信しています。

初めてのサッカー観戦

7月.8月は、阪神タイガース宜しく地獄のロード月間。北は仙台から南は福岡まで走り回っています。7月の研修・講演回数は20回。移動を含めるとほぼ休みなく毎日どこかでしゃべっている計算です。
そんな中、娘がセレッソ大阪サンフレッチェ広島のチケットをくれました。
土曜日は夕方まで大阪市内で仕事でしたが、なんとか6時のキックオフには間に合いそう。・ということで夫と二人、初のサッカー観戦をしてきました。

野球やラグビーは、出身高校は地元ではかつて名門校といわれた時代があり、甲子園や花園にも何度か出場していた関係でよく見ていましたが、プロサッカーを生で見るのは初めてでした。
国際試合は欠かさず見ますが特にセレッソのファンということではありません。でもせっかく見るならとにわかセレッソファンに。
残念ながら1-2で敗れてしまいましたが、なかなか面白かったです。スピーディな動きと約90分という試合時間は、息抜きにはぴったり.

野球に比べ意外とフィールドと距離が近いし、夕暮れに染まった空がどんどん暗闇に吸い込まれていくなか、ライトに照らされたピッチの上で選手達がボールを追いかける姿をみながらビール片手の観戦は、久しぶりに楽しいひと時でした。