qualiadiversity’s diary

ダイバーシティ&インクルージョンな日々を楽しむヒントや情報を発信しています。

今日は仕事納めでした。

クオリアは、一足早くに今日が仕事納めです。今年はスタッフにも仕事にも恵まれて、おまけに海外に行く機会もあり本当に楽しい1年でした。
夕方には、東京出張のIさんも戻ってきて、平野町の創作懐石料理のお店で忘年会。穂生里下(ホイリゲ)という名前の小さなビストロ。
http://www.np-club.com/hoirige/
ホイリゲとは、ウィーン名物、新酒(ワイン)のことだそうで、それを飲ませる居酒屋という意味もあるそうです。なんだかおまじないの言葉のようで面白いですね。
お料理は、コースが1つあるだけで飲み物はセルフサービスというちょっと変わったお店ですが、お料理は抜群に美味しかったです。毎年恒例のミニプレゼントはブルガリの香水。

スタッフがそれぞれの個性を活かしながら、役割と責任をしっかりと果たし自らどんどん行動しているからこそ、順調にきたのだと思います。ありがたいことです。

私はいつも新しいことを考えている時が一番わくわくします。
走りながら考えて、考えながら走る。転んだらしっかり何かをつかんで立ち上がる。川に落ちたら流されながら海をめざす。そんな気持ちで前を向いて進んでいます。
来年10月には新事業を起こすべく構想中。どう形にしていくのか、お正月の間にじっくりと考えようと思います。

「多様性」という言葉が大きな価値をもつ時代。クオリアは皆様のお役に立てるよう来年もがんばります。どうぞ、宜しくお願いいたします。