読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

qualiadiversity’s diary

ダイバーシティ&インクルージョンな日々を楽しむヒントや情報を発信しています。

2008年注目のキーワードは「ワーク・ライフ・バランス」

ワークライフバランス

 今年も残すところ後わずか。1年の総括のニュースや記事が増えてきました。
ここ数年は、私が長年追っかけてきたダイバーシティやワーク・ライフ・バランスといったテーマがようやく日の目を見るようになり喜んでいるところです。特にワーク・ライフ・バランスは社会の変化に対応する形でどんどん関心が高まっていますが、来年の注目キーワードの一つにも選ばれたようです。http://www.elnet.co.jp/trend/keyword10k.html

 「仕事と家庭の両立」から、「仕事と生活の調和」へ。良くも悪くも会社が社員の人生を丸抱えしていた時代が終わり、緊張感をもちつつも双方がWIN-WINとなるための施策として浮上してきたのが「ワーク・ライフ・バランス」という考え方です。
組織がワーク・ライフ・バランスを推進するためには何が必要か、どのような施策をオ請えばよいのか、まだ手探りの企業も少なくありません。一方、働く側も自立・自律的に仕事や生活に向き合っていくことが大切になってきます。

 概念や考え方はわかったけれど、じゃあどうすればいいの?そんな疑問に答えるために来年は、2つの取り組みを行います。

 企業向けの取り組みは、大阪府の委託を受けて現在作成中の「ワーク・ライフ・バランス推進マニュアル」です。特に中小企業が取り組む際の導入のプロセスや障害となる問題に対処している企業事例などをわかりやすく解説します。(3月末に大阪府男女共同参画課より発行予定)

 個人向けには、「ワークライフバランスノート」を春に発行予定です。実際にワーク・ライフ・バランスを実践するための思考と行動のポイントやストレスへの対応の仕方、タイムマネジメントの方法など、日々の中でどうすればよいかをワークシート書き込み方式で紹介します。
組織と個人の両方がハッピーになってこその、ワーク・ライフ・バランス。そのために私に出来ることを、来年もがんがんやっていきたいと思っています。