読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

qualiadiversity’s diary

ダイバーシティ&インクルージョンな日々を楽しむヒントや情報を発信しています。

Lead the self  まずは自らをリードせよ

 以前からお会いしたいと思っていたInstitute of strategic Leadershipの野田智義さん。http://www.isl.gr.jp/isl_brochure.pdf
数年前にILSの設立記事を読み、志の高いすばらしい人がいるのだなあと心惹かれていました。また、最近の金井先生との共著「リーダーシップの旅 見えないものを見る 」(光文社)や「シンクロニシティ」の解説などを拝読しますますお会いしたいと思っていたところ、先日幸運にも一番前でお話を聴く機会に恵まれました。
「リーダーシップ」についての話はとても興味深く、1時間半があっという間でした。
冒頭、マーティン・ルーサー・キング牧師の有名なビデオ「I have a dream」が放映されました。はずかしながら彼の演説をしっかり聴いたことはありませんでした。力強く短くシンプルなフレーズで語られる言葉はまさに人を鼓舞するリーダーのメッセージです。次に流されたのはマザーテレサのドキュメンタリー。彼女の生き様もまた物静かではあるけれど強くしなかやな意志をもったリーダーの姿です。
けれど、野田さんは、このようなすごいリーダーが普通の人に「リーダー」への興味を失わせているのではないかというのです。こんなすごい人にはなれない、とリーダーになることをあきらめたり、自分とは無縁のものだと思ってしまったり。
けれど、リーダーは最初から「すごい人」だったのでしょうか。おそらくリーダーになろうとしてリーダーとなった人はごく少数で、ほとんどの人は結果としてリーダーと呼ばれるようになったのでしょう。野田さんは、リーダーシップを「旅」から理解してみようといいます。人は旅を歩む中でリーダーへと成長するのだと。
そして、何より大切なことは read the self まずは自分として生きる力を身につけること
だといいます。リーダーとは内なる声を聴き自らを導いていく人。見えないものを見なが
ら創造と変革の旅を続けます。その旅は、暗い森の中、じめじめした沼地を歩き続けてい
くようなもの。歩きたい、歩かねばという心からの思いと意志が沼地を歩き続けさせるの
です。

私は、女性のリーダーシップを考える上で、多様なリーダーシップのあり方やリーダーになるプロセスを知ることはとても重要だと考えています。未来のリーダーとして女性が秘めている可能性はとても大きく、その力に気づいてい欲しいと心から願っています。
まずは、Lead the self。すべては自分から始まることを自覚し、行動する。
その大切さを学ばせてもらいました。