読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

qualiadiversity’s diary

ダイバーシティ&インクルージョンな日々を楽しむヒントや情報を発信しています。

両親の金婚式旅行に行ってきました。

10月最後の週末。両親の金婚式を祝うために久々に里帰り。姉の発案で弟家族と一緒に鹿児島・指宿温泉に1泊旅行に行ってきました。奇しくも土曜日は私の○回目の誕生日。
2重のお祝いでした。気持ちよい秋晴れの中、マイクロバスを借りての家族旅行は本当に楽しいものでした。夕食には、ホテルのはからいでお祝いの金杯にプロの演歌歌手のミニコンサートまで。孫や兄弟、子ども達からのプレゼントに涙ぐむ両親の姿にこちらまでちょっと涙腺が緩んでしまいました。
小さい頃から独立心が強く、進路も就職先も結婚さえも自分でさっさと決め、親には事後報告。良くも悪くも親の影響を強く受けている人の話を聞くたびに、私はなんのも影響を受けてこなかったなあ、と思っていました。けれど、最近ある人から「暖かく見守り、のびのび育ててくれたってことじゃないですか」と言われ、「ああ、そうなんだ。」と改めて気づきました。子どもを信じて、認めて、本人の選択に任せる。簡単なようでいて、とても難しいことです。親となった今、それが出来ているかと問われるとなんとも心もとないところです。ひたすら前に突っ走る私を、はらはらしながらも応援してくれていたんだと、今になって思います。 両親が元気なうちにそれに気付けてよかったあと、思います。もうしばらく親孝行ができそうです。

それにしても、今回の旅行。弟の運転するマイクロバスの中は終始にぎやか。みんな好き勝手にしゃべりまくっていました。さすがの私も、家族の中では聞き役になってしまうくらいすごいパワーでした。
「人の話を聞かない!」と言われるルーツはここにあったのね、と思った次第。
なにはともあれ、ワークライフバランス「ライフ」を満喫した週末でした。